2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新車購入



新車サイクロンマグナム(税込み864円)

youtubeで爆走兄弟やジャパンカップの動画を観て懐かしくなり、
近くの電気屋さんで衝動的に買ってしまいました。



あの素晴らしい日々をもう一度。
懐かしいですね・・・。



(何だこのシャーシ!?)



小学生の時はパーツを雑に剥がしてましたが、
今回はヤスリも使います。



全部ニッパーでカットして、丁寧にヤスリをかけました。(ここまで1時間半ぐらい経過)



組み立て方が分からないので、一通り説明書を読んでみます。
なるほど、順番通りだと最初にステッカーを貼るのか・・・。(苦手な作業や)



ステッカーカッコいい!昔こんなんやったっけ!?
これは綺麗に貼りたいな・・・。



ステッカーを順調に貼っていきましたが、フロントライトと豪のマークに一工夫したかったので、
先にシャーシの方をつくりました。(写真は背面。電池カバーはマグナムに合わせてブルー!)



カバーをつけて、半分以上完成です!



良い感じです!かっとべ~マグナム!(ここまでで、4時間ぐらい経過)

残りのステッカーですが、ボディ本体のフロントライトと豪のマークの部分が削られてる?様なので、
それに合わせてカッターでステッカーを切り取り、立体感が出るよう貼ってみました。



完成品がこちら!(所要時間:約5時間)

最後のステッカーですが、豪のマークはイマイチな仕上がりですね。
おそらく普通に貼った方が良かったかもしれません。笑



何はともあれ、無事にサイクロンマグナムが完成しました。

かっこいいですね~。
昔よりシャーシも進化していて、パーツも組み立てやすかったです。


それにしても、お金をかけずにここまで楽しめるとは・・・。
恐るべしミニ四駆!


<費用(税込み)>

・サイクロンマグナムプレミアム 864円

・プラモデルヤスリ 216円

=合計1080円





スポンサーサイト

テーマ:模型・プラモデル - ジャンル:趣味・実用

NICO Touches the Walls 古村大介 機材と音作り研究

NICO Touches the Walls 古村大介 機材と音作り研究

NICO20Touches20the20Walls_A2.jpg


■ギター
Fender Stratocaster
Fender Telecaster
メーカー不明 Les paul
※ストラトはサンバースト、黒を使用。
※テレキャスターはネックをHonda sound works製に変更。
※レスポールはB.C.Gなどのレコーディングの際に使用。

■アンプ
MATCHLESS DC-30
Marshall JCM800
※メインはMATCHLESS DC-30
※JCM800はFAR EAST ELECTRICでカスタマイズされたものを使用。

■エフェクター
HONDA SOUND WORKS RVW-390(ワウ)
→Providence PEC-2(ルーティングシステム)
FAR EAST ELECTRIC PHOENIX TYPE-5(オーバードライブ)
HONDA SOUND WORKS MAD FUZZ LIMITED EDITION(ファズ)
Demeter TRM-1(トレモロ)
Electro-Harmonix HOLY GRAIL(リバーブ)
FAR EAST ELECTRIC SPICE2011(トーンボックス)
Line6 M9 stompbox modeler(マルチエフェクター)
HONDA SOUND WORKS FAB DELAY(ディレイ)
KORG DT-7(チューナー)
※パワーサプライとしてF-SUGER PROLINEを使用。

■セッティング
TRM-1は「容疑者」、「エトランジェ」などで使用。HONDA SOUND WORKS FAB DELAYはライブでツマミをいじって発振させる用。「ロデオ」、「妄想隊員A」、「Diver」、「君だけ」などのソロではHONDA SOUND WORKS MAD FUZZ LIMITED EDITIONをブースターとして使用。


セカイイチ 中西正之 機材と音作り研究

セカイイチ 中西正之 機材と音作り研究

101013_sekaiichi_head.jpg

■ギター
Fender japan Stratocaster
Carruthers Telecaster
Gibson LesPaul Custom74'
Fender USA jazzmaster(60年代製)など
※ストラトはフロントを使用。
※レスポールはフロントをアルニコP.Uに変更。

■アンプ
BadCat Hotcat100
※クリーン~クランチの間ぐらいの設定。

■エフェクター
Jim Dunlop Crybaby(ワウ)
→自作fuzz(ファズ)
→MXR M-133 MicroAmp(プリアンプ)
→XOTIC AC-Booster(ブースター)
→Klon Centaur(オーバードライブ)
→MXR Phase45(フェイザー)
→Guyatone VT-3(トレモロ)
→Electoro-Harmonix EH-9050 HOLY GRAIL(リバーブ)
→BOSS CE-5(コーラス)
→BOSS TU-2(チューナー)
※パワーサプライとしてCustom Audio Japan AC/DC stationを使用。
※パッチケーブルはGeorge L'sを使用。

■セッティング
アンプでクリーン~クランチ、MXR M133をプリアンプとして適宜ACを加えてメインの音を作っているのではないか。Klon Centaurはソロ等でブースター的に使用か。
※ツマミなどの詳細は不明。

セカイイチ 岩崎慧 機材と音作り研究

セカイイチ 岩崎慧 機材と音作り研究

101013_sekaiichi_head.jpg

■ギター
PGM Telecaster
Carruthers Telecaster
Gibson ES-335など

■アンプ
Fender Vibro-king
※クランチ設定でメインの歪み

■エフェクター
F-Suger A.Y.A R-COMP(コンプレッサー)
→XOTIC RC-Booster(プリアンプ)
→Crowther Audio HOT CAKE(コード用ブースター)
→BOSS SD-1(単音用ブースター)
→BOSS TU-2(チューナー)
※パワーサプライとしてCustom Audio Japan AC/DC stationを使用。
※RC-Boosterは常にONの状態にしてプリアンプ的に使用。

■セッティング
Fenderのアンプでクランチ、RCをプリアンプとしてメインの音を作りコード用と単音用でブースターを使い分けて使用している。
※ツマミなどの詳細は不明。



Number girl 向井秀徳 機材と音作り研究

Number girl 向井秀徳 機材と音作り研究

numbergirl
1326706988_photo.jpg

■ギター
Fender USA American Deluxe Telecaster
Fender USA American Telecaster
Fender Japan TL62B-75TXなど
※ノイズレス・ピックアップ搭載(Fender Vintage Noiseless)
※String Saver製テフロン加工済みブリッジ・サドル(弦切り対策)
※アコギはK.Yairi製、型番不明。

■ピック
JIM DUNLOP TORTEX TRIANGLE GREEN .88
JIM DUNLOP .73 Yellow(アコギ使用時)

■アンプ
VOX AC-30(型番不明)
※CHはBRILLIANTのハイ

■エフェクター
BOSS TU-2(チューナー)
→Line6 MM4(揺れ系全般)
→Line6 DL4(ディレイなど)
→MAXON ROD880(オーバードライブ)
※その他electro-harmonixOCTAVE-MULTIPLEXER等も時々使用。
※ZAZENBOYSではLINE6 DM4、EH Deluxe Memoryman、BOSS DD-20、DigiTech DigiVerb等を使用。(DM4は激しい歪みとJetPhaserのモデリングを使用。主にRIFF MANの間で使われる様です。)
※アコギではBOSS AD-8を使用。

■セッティング
VOXのアンプでメインの音を作り、MAXON ROD880をブースター的に使用か。
※ツマミなど詳細不明。

«  | ホーム |  »

プロフィール

otozukuri

Author:otozukuri
ギター、音楽を中心に。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (0)
ギタリスト別研究 (5)
その他 (1)
機材 (0)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
音楽
4233位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ギター
190位
アクセスランキングを見る>>

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。